カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 異端審問官エリーナ シャッフル王女の従者

英文名:Elena Walnut
名前:エリーナ・ウォールナ

Illustration RootA




基本情報
年齢:28歳
性別:女性
身長:162cm
体重:52kg
職業:異端審問官・侍女
一人称:私(わたし)
二人称: あなた
行動属性:Dark-Law
四元属性: ? 風

能力値
HP :★★★★☆
攻撃力:★★☆☆☆
MP :★★★★☆
魔力 :★☆☆☆☆
速さ :★☆☆☆☆
時の運:★★★☆☆

解説
リフルシャッフル候領の異端審問官。トランプのスートはクローバー。
侯領よりはるか離れた地、海と山に囲まれた自然豊かな集落に生を受ける。
両親、村の人々より「貴女は特別な存在である」「この村の為にその身を捧げよ」と大切に育てられ、将来有望として帝都のギルドへ所属。そこが、闇のギルドであったと知らずに…。

自分の存在意義を信じ身を削り、意志を押し殺し世界に尽くした結果、デュラハンの姿を見るようになった。首なしの馬が引く馬車へと手を引かれていた途中に、シャッフル侯領領主と出会い「お前の自我は一体どこにあるのだ?」との問いに、転機を迎える。

シャッフル侯領に身柄を移し、命の恩人である領主の下、疑り深い性格を買われ異端審問官に就く。
自らの歩んだ道を振り返り、村のしきたりとギルドの陰謀、この二度の洗脳を受けていたことに絶望した経験をもとに、異端の取り締まりに全力を注ぐ。

異端が山奥に潜伏している事を口実に山岳調査隊を編成。自然や幻獣が好きであったことを思い出し、博物学者への夢を抱く。これが初めて「自分の意志で進んだ道」であった。

暫く後、貴族の礼節を欠いている姿を危惧した領主は、エリーナをシャッフル王女の侍女に異例の抜擢。「自分の身の程を知り、言葉遣いを改めよ」との命に従い、シャッフル王女の傍につく。
また怪しいと感じた場所、疑わしい人物の前では、王女の身代わり役も務める。
シャッフル王女の傍を離れるとたちまち堅苦しさから解放され元の性格に戻ってしまう。

性格は真面目で疑り深く、頑固で融通がきかない。石橋を叩いて割ってしまうタイプ。
また、他人に厳しく支配欲が強い。


主な技・武器
魔楽器ヴァイオリン「テンペスト」
・演奏することでレベルの低い幻獣を呼ぶことが出来る
アーカルドの弓
・遠距離攻撃専用弾弓。

所持スキル
・暗視スキル
・探索スキル
・発見スキル

守護悪魔
・ルシファー
(ライオン・蝙蝠の姿に変身できる)

趣味
・幻獣の生態観察
・マテリアル採集

好きなもの
・乾物や穀物などの保存食系食料
・果汁100%ジュース
・毛布の中

苦手なもの
・辛い食べ物
・算数



異端審問官としてのエリーナ 
「怪しい………。王女、あの者を信じてはいけません!」
「何故って…。過去に奴と同じ気を纏った者を見たのです。何故信じて下さらないのですか!?」
「疑わしきは全て罰せよ」
「秩序を乱す人間は粛清すべきです」
「甘い…甘すぎます!奴は必ず反逆を起こします。今ここで断罪すべきです!!」

※侯領に来て間もない時期のエリーナ↑


侍女としてのエリーナ(画像準備中)
「殿下の御前でございます。乱暴な言葉遣いはお慎み下さいますよう。」
「殿下は私にはないものを多くお持ちでいらっしゃいます。それを大切になさいませ。」
「領主様の大切な殿下。そのような場所に殿下を向かわせるなど…私が身代わりとなり確かめて参ります」

※侯領に来て暫く経った時期のエリーナ↑
 




武器解説


魔楽器ヴァイオリン 「テンペスト」



任務先の地にて出会った「魔楽士エルデ卿」より継いだフレットバイオリン。
魔法具の一つで、その持ち主の演奏によって効果が変わる。
エリーナが弾くと、小型の動物や幻獣を呼び寄せられる。
寄って来るだけで操ることはできないが、稀に言う事を聞いてくれる個体もいる。
効果発動の際は、ヴァイオリンの内部が赤く発光し鼓動する。







アーカルドの弓



非番の折、とある酒場で出会った男から継いだ弓。
その男の名は「リッツ・アーカルド」。
かつて天狼騎士団に所属していたという。
数多の猛者たちを落としてきたというこの弓は、使い込まれているがかなり良質。
弓の扱い方や心構え、歴史を教授頂き、この弓の所有者に相応しい使い手になれるよう目下訓練中。

























 

裏設定