刺繍 キャラクター かわいい服と雑貨の店 リフルシャッフル
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • キャラフレで鎌倉への旅 〜散策ルート 
メモリーズオフ-Innocent Fille-コラボレーション記念第二弾の鎌倉
マップ訪問2日目は新たに実装された散策ルートを訪れます。

散策ルートあしかじま駅から林鍾寺駅に抜けるルートと浜咲駅に抜
けるルートの2本です。

まずは林鍾寺駅に抜けるルートを散策します。
バナーであしかじま駅に飛びます。
ここからへ行くのが林鐘寺ルートです。



ルートはあしかじま水族館を遠目に見て湘南海岸公園に進みます。
作画モデルは県立湘南海岸公園の海風テラス(休憩用のウッドデッキ
と石畳)の場所だと思われます。



古いヨーロッパの石畳を彷彿とさせる通学路を右に行くと林鐘寺女子
高等学校
で赤煉瓦タイルの校舎の1枚のみ見ることができます。
通学路を上に行けば林鐘寺駅です。

メンテナンスコストはかかりそうですが、通学路の車道にこのような
自然石舗装がされていると、とても景色としては美しいので、モデル
になっている場所がわかれば是非見に行きたいですね♪




続いて浜咲駅に抜けるルートを散策します。
起点のあしかじま駅にはバナーで飛んでも普通電車で移動してもいい
ですし、体力をそれほど消費しない設定になっているようなので歩い
て逆順で戻っても問題ありません。

あしかじま駅からへ行くと浜咲ルートです。



ショップがある場所で左と下へ行くと岩場へ出ます。
作画モデルは位置関係的に江ノ島の釜の口付近でしょうか
岩場です。



ショップから下へ行くと芦鹿島大橋でこれはどう見てもモデルは
江ノ島弁天橋です。向かって左側に自動車専用橋である江ノ島大橋
あります。作画では橋脚の上部構造のみが見えています。
江ノ島弁天橋は昭和37年の江ノ島大橋完成に伴い渡橋料は無料に
なっています。
渡橋料は明治30年に往復三銭、昭和24年で5円だったそうです。
背後には江ノ島の特徴的な建物江ノ島アイランドスパ別館(橋すぐ右
の黒い三角屋根)と本館(右側の丸みを帯びた薄茶色の建物)

土産物レストラン(橋すぐ左)が描かれています。


橋を渡りきると観光案内所の前に出ます。
モデルはファーストキッチン江ノ島店の前から見た観光案内所と片瀬
江ノ島交番(奥)
です。

そこを左に行くと江ノ島弁財天道標前から江ノ島方向に向いた場所
モデルにした場所に飛びます。
そこを右に入るとシーサイドカフェYuKuRuです。
店内に入ることができ、一番奥はオープンチャットスペースになって
います。




店内に入らずに上へ行くと(実際には駅は背中の方にあります。)
浜咲駅に到着します。
新作の浜咲駅の絵には、手前に鳥のオブジェがついた車止めと江ノ電
ショップ、そして2番ホームが描きこまれており、実際の江ノ島駅を
再現して、それでいてごちゃごちゃした感じになっていません。


あまり体力は消費しませんが、おにぎり換算で1つ分の体力回復アイ
テムがあれば安心です。



戻る