刺繍 キャラクター かわいい服と雑貨の店 リフルシャッフル
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 沖縄卒業旅行 首里城公園 
キャラフレ卒業旅行8日目は首里城公園を訪れます。
首里城は、今から約570年前に成立して薩摩藩に編入されるまで
約450年間続いた琉球王国最大の建造物です。

首里城公園マップには迷うような複雑な構造はないですが
途中何箇所か横に移動して説明を見るポイントがあり、意外と体力を
使いますので、おにぎり換算で1つ分の回復アイテムがあるといいで
しょう。

移動は沖縄南部から首里城公園を選ぶだけです。



最初に立った場所が守礼門手前の総合案内所付近で、実際には
この右側に首里杜館(すいむいかん)があり、お土産やお食事が
できるほか、情報展示館で模型やパネル、ビデオ等により首里城に
ついて学ぶことができますので、実際に首里城公園を訪問される方は
ぜひ足をお運びください。


守礼門を潜ると、次に出てくるのは園比屋武御嶽石門(そのひゃんう
たきいしもん
で国王が外出するときに安全祈願をした礼拝所、つま
りは人ではなく神様のための門です。
順路は右に続き、歓会門が現れます。
沖縄戦で焼失したものを昭和49年に復元したものです。
門の手前左右に魔除けのシーサーがいますが、お分り頂けますでしょ
うか。



歓会門をくぐると瑞泉門とその右側の上に行ったところに王宮の飲料
水として使用していた水が流れる龍樋(りゅうひ)があります。
経路に復帰して上に進むと漏刻門があります。
それぞれ説明を読むことができます。



漏刻門を出ると目の前が広場になり、左右へ分岐します。
ここから左へ行くと、那覇市がパノラマでご覧いただけます。
右に行くと広福門を潜り下之御庭(しちゃぬうなー)に出ます。
正殿前で行われる様々な儀式の控え場で、現在は場内のイベント等の
際に使用されているそうです。

この先は有料区域となる奉神門ですが、キャラフレでは無料で門を
潜ることができます。



突き当りが御庭(うなー)です。
首里城の中央部で、国王や中国皇帝の使者等限られた人だけしか通る
ことが許されなかったという中央の道(浮道)をバックに記念撮影を
したり、当時に想いを馳せたり、時間の許す限りゆっくりお楽しみく
ださい。



戻る